年金受給者がお金を借りるのは高齢が原因で難しいけど借りる方法もある

年金受給者がお金を借りる事は正直な話、難しい事です。
どうしても高齢の方にお金を貸す事には難を示す人は多くいます。
消費者金融も、やはり高齢の方にはお金を貸す事を渋るのです。

 

言い方は悪いのですが、高齢の方にお金を貸しても帰って来ない可能性が高いのです。
いつ亡くなるかわからないので借金を返して貰えないと大損してしまいます。

 

だから高齢の方にはお金を貸したくないと考える人が多いのです。
なので消費者金融でお金を借りる場合は、年齢制限があります。
70歳を超えたらお金を借りられない場合が多くなります。

 

しかし年金受給者が全員お金を借りられない訳ではありません。
安定した収入のある人や、担保がある人はお金を借りる事は出来ます。

 

安定した収入も担保も無いけど、どうしてもお金を借りたい人には方法があります。
それは年金担保貸付制度です。
これは年金を担保にしてお金を借りる方法です。

 

年金担保貸付制度は、日本政策金融公庫と独立行政法人福祉医療機構だけが行っています。
これは様々な条件があり、保証人、もしくは信用保証料を払う事が必要です。
過去5年以内に生活保護を受けている事がある人はお金を借りる事が出来ません。
共済年金を貰っている公務員も借りる事は出来ません。

 

これ以外で年金を担保にしてお金を貸す業者がいたならば、それは悪質業者かもしれません。
年金を不正に取り立てる業者も数多く存在するのです。
年金を担保にしてお金を借りる場合は、どこから借りるのか確認しましょう。
ちゃんと日本政策金融公庫か独立行政法人福祉医療機構である事が大事です。