日雇いのバイトでもお金を借りれる金融業者もありますが金額は低く設定されてしまいます

まず結論から述べると日雇いバイトであってもお金を借りることは可能です。

お金を借りる時にはまず審査に申し込みをする必要があり、その際に勤務先を記入しなくてはなりません。

 

日雇いのバイトであっても登録している派遣会社がある筈なので勤務先にはその派遣会社を記載しておきましょう。

ただ日雇いの場合に問題となるのが在籍確認と言えます。

 

ちなみに在籍確認というのはお金を借りる審査を行い場合に最終段階で提出書類と内容に相違がないかを確認する為に勤務先に連絡をすることを意味します。

電話での在籍確認が出来ない場合は審査に通らないので注意しましょう。

 

審査で最も重要な点は借りたお金を返済する能力の有無です。

返済能力は収入がいくら位あるかと月々どのくらいの金額なら返済することが可能かを示す能力で、査定を行なった上で借り入れの金額の上限が決定します。

 

なので収入をきちんと得ている事を勤務先に確認する事が在籍確認なのです。

また日雇いバイトがお金を借りる際に必要な書類は運転免許書などの本人確認証明と収入証明です。

 

勿論金額によってや金融業者により収入証明は必要ない場合もありますが本人確認の書類は必ず必要となります。

ただ注意して欲しい点は消費者金融でお金を借りる条件は安定した収入があることです。

 

近年はアルバイト、派遣でも問題はなく日雇いでもこの点を押さえておけばお金を借りることが出来ます。

ただアルバイトと異なり毎日現場が変わるので消費者金融の審査においては安定性に欠けると判断されるケースも多く、審査に通った場合でも限度額は低く設定されてしまいます。