健康保険証でも借り入れは可能です

お金を借りる時には必ず審査があります。
その人がどんな人なのか、きちんとお金を返済する能力がある人なのかを見極めるためです。
それは借り入れ先が銀行であろうと消費者金融会社であろうと変わりません。

 

最近では借り入れ金額が大きくなければ収入証明書を提出しなくても良いところも増えてきましたが、本人確認書類の提出が免除されることはありません。

 

運転免許証やパスポートならば顔写真が付いていますので本人確認がスムーズに行われますが、どちらも持っていない場合は健康保険証でも大丈夫です。
ただ全ての借り入れ先が健康保険証のみでOKということではなく、住民票や国民年金手帳の提出も求められることがあります。

 

健康保険証で本人確認すると何だか面倒くさそうと思われたでしょうか。
しかし健康保険証で本人確認をすることにメリットもあります。

 

健康保険証の種類によってある程度勤務先の情報などがわかるからです。
お手持ちの健康保険証が共済保険ならば公務員、社会保険ならば会社に勤めているサラリーマン、国民健康保険ならばその他ということになります。

 

借り入れ先によっては健康保険証で本人確認すれば、在籍確認も同時に完了してしまうところもあるのです。

 

いずれにせよどこからお金を借りるかによって必要な書類が変わってきますが、健康保険証しかお持ちでなくても借り入れすることは可能ですので安心してください。
事前に問い合わせておくとスムーズに審査や契約を行うことができますよ。