担保がなければ難しいゆうちょ銀行からの融資

お金をなりる方法は、消費者金融だけではなく最近では多くの銀行でも行う事ができるようになっています。

住宅ローンなどとは違いフリーローンと呼ばれるものは、担保などは必要なく審査をクリアすれば利用可能となっています。

 

一方、ゆうちょ銀行の場合は、そのような一般的な銀行とは違いフリーローンと呼ばれるような融資方法はありません。

その為、担保が必要となってきます。

 

主に担保にする事ができるのは、国債、総合口座で管理する担保定額貯金や担保定期貯金、財形定額貯金、財形年金定額貯金又は財形住宅定額貯金となっています。

その為、ゆうちょ銀行でお金を借りるためには、まずは、このような担保になるものを準備しておく必要があるのです。

 

また、どの程度の借り入れが可能かと言うと預入金額の90%以内となっている場合が多く、必ずしも希望通りの金額を借りる事ができると言うわけではありません。

 

ただし、言い換えれば、これらの担保を確保する事ができれば、他に金融機関などのように審査を受けることなくお金を借りる事ができるとも言えるのです。

その為、審査に不安があるような人の場合、メリットがあると言えます。

 

ただし、本人確認や簡単な審査は必要となります。

とは言っても、他の金融機関に比べると非常に通りやすい審査だと言われている為、安心です。

 

その他、絶対にゆうちょ銀行で無担保のフリーローンが利用できないと言う事ではありません。

ゆうちょ銀行では、スルガ銀行の代理業者を兼ねている為、スルガ銀行のフリーローンをゆうちょ銀行の窓口で利用する事は可能になっています。