本気で生活がやばくなったら生活福祉資金制度を活用しよう!

お金に困ったら金融会社から借入するのが一般的な方法です。

しかし、金融会社からお金を借りるためには審査を攻略する必要があり、結局のところは収入に余裕がある人でなければ融資を受けることが難しい現状があります。

 

生活が危うい状況になっており、さらに金融会社からお金を借りることもできない状況ではどうすれば良いのか?

その解決策の1つとなるのが生活福祉資金制度です。

 

生活福祉資金制度は国の融資制度であり、金融会社よりも貸し付けに対する金利が低く、収入に余裕がない状況でもお金を借りられる可能性が高い精度です。

まず、融資というのは様々な目的があり、それを金融用語で使途と言います。

 

生活費など様々な目的の為にお金を借りられるローンをフリーローンと言いますが、このローンは使途が自由です。キャッシングやカードローンがこれにあたり、一般的に生活がやばくなった時はクレジットカードのキャッシング、あるいは銀行や消費者金融でキャッシングやカードローンからお金を借りるのが王道です。

 

生活福祉資金制度はこうしたフリーローンの国バージョンと捉えておくと分かりやすいです。

 

生活福祉資金制度は総合支援金・福祉資金・教育支援資金・不動産担保型生活資金の4つがあり、自由目的でお金を借りるなら総合支援金か福祉資金となります。

生活福祉資金制度は最寄りの市役所で気軽に相談することができるので、本気で生活がやばい状況なのであれば生活福祉資金制度について相談してみてはいかがでしょうか。