生命保険契約者本人が解約返戻金を担保に借り入れできます

まとまったお金を急に用意しなければならなくなった際、銀行カードローン、もしくは消費者金融のキャッシングで借り入れをすることを思い浮かべるかたがほとんどでしょう。

実際に多くのかたが利用している手段ではありますが、生命保険に入っていればこれを担保にして保険会社からも借り入れを行うことが可能です。

 

この制度を契約者貸付といい、あまりメジャーではありませんが、銀行や消費者金融に申し込みをするのに躊躇してしまうという場合には、積極的に利用を考えていくことをおすすめします。

元々個人情報を預けて契約している保険会社が借り入れ先であることで安心感がありますし、いざという時の利用には非常に心強い制度です。

 

借り入れができる限度額は、解約返戻金の70%から90%程度が目安になります。

契約内容によっても個人差がありますから予め確認をしておいたほうが賢明です。

 

金利は3%から3.5%程度に設定されていることが多いのですが、こちらも保険会社ことに異なってきます。

当然高い場合には返済する際の負担が大きくなってしまいますから、借り入れ金額に対してどのくらいプラスして返していかなければならないのか事前に返済計画をしっかりと立ててから申し込みをするようにしてください。

 

といっても、生命保険を担保にしていることから一般的なカードローンやキャッシングに比べるとかなりの低金利です。

生命保険の契約者本人しか借り入れができないこと、書類を提出してから一週間程度融資までに時間がかかりますが、即日融資でなくても問題がなければ優先的に利用を考えていくことをおすすめします。